毎月がラッキー

once upon a time there was a storia.

ミニマリストになるために

最近実家に帰って思ったんです。

ものが多すぎるストレス。

・最近引っ越ししたんですけど、生活必需品以外を荷造りするのが面倒。

引っ越しの荷物5割はいらない。と

・実家が汚い。テーブルにも、通路にも、洗面所も、風呂も。動けば置いてあるモノが崩れてくるし、目に飛び込むものにイライラ。

化粧水が玄関にあるのは理解できない。と

 

ものが多すぎてまともに生活できない。

って思ったんですね、

自分が大学生に入って一人暮らしに飛び出した要因は「ストレス」だったんですけど、今思えば原因は「モノが引き起こすストレス」だったのかもですね。

 

さておき、

部屋が汚いとか、モノが整理できていない人って幸せではじゃない気がするんですね。

ゴミ屋敷にいるからこそ、心から幸せな生活している人、、知る限りいないです。

人の意見で行動を選択しているために行動が一貫していない、何かに追われるように生きている。あまり他人の悪口を書きたくないんですけど、自分の人生を主体的に生きていない。イメージは拭えないです。

逆に、モノが少ない人こそ、シンプルに本質にたどり着いている。自分の生きる道が見えている。

そんなことを感じます。

 

たとえるなら

人生=RPGゲーム で

与えられた時間、お金、選択肢=レベルアップした時にもらえるスキルポイント

を無駄振りしていない。それを自分の幸せに振り切っている感覚。

ですね。(わかりづらいですね。)

人生にたくさんの選択肢があるように、一人の人生でできることには残念ながら限界があるから、なるべく無駄なものに振り回されないようにしないことを決める生き方。がミニマリズムと思います。

 

 

なんでミニマリストではないのか

モノがない     不足を感じている事

モノがある     満足を感じている事

モノがあふれている ロスを感じていない事 

が原因

モノに依存している状態。

 

ミニマリストになるために

・衝動に負けるな

衝動買いをするときには後悔という単語は浮かばない。

を立てていないのだ

 

・所得を増やすことと同様に、投資を考える事。

 

・思い切って捨てる。やらないことを決める。と同様に浪費を減らすことも大事