毎月がラッキー

once upon a time there was a storia.

ジェフ・ベゾスのエッセンス

名経営者を知る第2回は

Amazon.com創業者のジェフ・ベゾス氏について語りたいと思います。

プロフィール

アメリカ生まれの実業家。

プリンストン大学を首席卒業。

金融IT企業を2社で実績を積み

1994年にアマゾンの前身の企業を登記

1995年にアマゾンを登記

2013年に米有力新聞のワシントン・ポストを買収

2018年「世界長者番付」1位に

まさに世界有数の資産家。 

マーケティング、マネジメント、顧客についてのプロフェッショナル。

叶えたい夢のためにエリートコースから起業の道を選び、コトラーピーター・ドラッカーウォルト・ディズニーエジソンジャック・ウェルチなど、多くの人物から学び、自分の成功ビジョンを形作った人物でもあります。

 

彼の成功の方程式を彼の言葉や行動から紐解いていきます。 

 

慎重かつ大胆な決断

・「挑戦しなければきっと後悔する」

後悔最小化フレームという考え方のもと、80歳の時に30代を振り返り後悔することが、「ボーナスを失ったことか」「起業しなかったことか」と自身に問い掛けた。

ちなみに現在の60歳以上の方に同じ問いを投げかけても、「若い時に冒険しなかったこと」と答える人が多い。

 「今ある姿は私たち自身が重ねてきた選択の結果だ。」

 ・失敗を恐れない

「失敗を覚悟すると 心は軽くなる」

ベゾスがネットビジネスの成功確率を1割、アマゾンの成功確率を3割と見ていた。

失敗はイノベーションと発明の本質的な部分、致命的な失敗は失敗を理由に行動しないこと。

会社を立ち上げること、チャレンジするときの行動を障害するものは失敗だ。だが、それを覚悟できる人間こそ力強く行動できるのだ。

長期的で対極的戦略。

ジェフ・ベゾスが尊敬するスティーブ・ジョブズ

ホール・アース・カタログの雑誌を愛読していた。その発行者スチュワート・ブランドは

「人類は10000年単位で思考すべき」と言った

アマゾンの価値観には「未踏の地を探検するのはクールだ。征服するのはクールじゃない。信念はクールだ。大衆に迎合するのはクールじゃない。大きく考えるのはクールだ。意外なことはクールだ。」とある。

・勝ち方を知っている

10%優れているだけでいい」

業界2位の10倍の差をつけるには

よって準備を徹底することが他社に抜かれないもっとも近道であることを知っている。

・「決して変わることのないものを土台に戦略を立てる」

3つのことを基盤にし、徹底することで、より優れた顧客サービスを作ることにできる。

「幅広い選択肢」

「低価格」

「迅速で信頼できる配送の提供」

これを守り、磨き上げることがアマゾンのぶれない勝利の方程式。

・他者を真似したビジネスには手を出さない。

単なるコピーではなく、オリジナルにひねりを加えること

キンドル電子書籍が誕生してから15年後だが、電子書籍の常識を徐々に変えていくことになった。

・「どんな心配事があっても電気を消したら5分後には寝ている。」

アマゾンが急成長するときにもライフワークバランスに配慮がないと全社集会で取り上げられた。

そこでベゾスは、成果を上げることが最優先事項と断定しているのだ。

目の前よりも先を見据え、歴史を作るために賢く、猛烈に働くことが大切ということだろう。

・アマゾンらしさ

他者がしたから、はやりだから、という考えはない。

ライバルを潰すことが自分の成長とは考えていない。

アマゾンは自分たちを探検者と捉え、業界の垣根を越えて、

そのまま真似るのではなく、自分たちのオリジナルにひねる

 

成長のための倹約

・アマゾンは決して贅沢をしない 

アマゾンの「倹約」は

顧客にとって意味のないお金は使わないようにする。倹約からは、臨機応変、自立、工夫が生まれる。人員や予算規模、固定費が硬く評価されることはない。

とある。 

IT企業はサービスに対し、多くの儲けを取ることが多い。

アマゾンは大きくブランド力を高めて、倹約したやすい商品を売ることで、価格競争などの、他社の参入をされない一人勝ちシステムを作り上げている

 

イノベーション

・「進化と無縁であることが極めて危険」

成功したときに、そのやり方を自己否定する必要がある。

アマゾンは様々な業界を既成から破壊したため、自己革新の企業文化を持ち、私たちの生み出した何かが壊れることを受け入れることができること。

自分たちのビジネスを平然と壊し、新しいものを次々と生み出していく。  

進化することは、安泰、常識の破壊だ。

・鍛錬

筋肉トレーニングのようなものだ、使えば鍛えられるし、そうでなければ衰えてしまう。」

多くの企業が変化を恐れる中で、変革し続ける

・宇宙志向

宇宙に夢を馳せるきっかけとなるのは「5歳のときにニール・アームストロングが月を歩くのを見たとき、それが科学雨、物理、数学、探検への情熱をかきたててくれた」こと自分だけが宇宙に行ければいいのではなく、たくさんの人が行けるように、より安く、より安全にすることを目標にしているのもベゾスらしい。

NASAに敬意を払い宇宙への憧れをブルーオリジンを設立し形にしている。彼の利益を無視して偉大な夢に賭けているところは他の経営者とはちがう。

・オリジナルをはるかに超えるサービスを生み出す。

他者を真似したビジネスには手を出さない。

従来と異なるサービスを提供できない限り、ビジネスはやらない。

アマゾンは普通のやり方は絶対にしない。

 顧客第一

・「お金と時間を節約できるならみんな気に入ってくれる」

アマゾン創業の時は全部自社製でやりくりしようとはせず、経営資源を顧客サービスの改善に回すことを最優先にしたことが、今のユニークなサービスとなっている。

「1分野で覚えられるブランドは3つ」

「圧倒的な価値がなければ今まで通り」

・「お客さんの行ってきたことがどんなことであれ根幹にある理由を突き止める」

急成長するために全部の問題の解決をあきらめるのではなく、2度と同じ自己が起こらないように取り組むこと。

 小さな問題点を根本から取り除くことに専念する問題が起こることが一番高くつく

・「良いカスタマーサービスとは、約束を守ること」

できる限りのミスを改善するために自前で取り組むこと。サービスとはプラスアルファを続けていくこと。顧客の喜びを自分の喜びに含めていくことが結果的な成長になっている。 

 

 

ただ学び、真似をするだけでなく、ジェフ・ベソスが自分で考え、オリジナルを作ることをしていたように、ジェフ・ベゾスから学べるものを彼のように自分なりに考え、オリジナルを編み出すことが、大切です。