毎月がラッキー

once upon a time there was a storia.

創世記

聖書の最初の書物です

収められているのは、旧約聖書

神と人間の関係の始まりの話です。

 

1章で想像主がどのように世界を作ったのかの話から始まり、

2章で園の中央に善悪を知る木と、命の木をはえさせられた創造主なる神は、人間と約束を結ばれる

「善悪を知る木からとって食べてはならない。」

3章には人間は約束を破り、命の木からもとって食べないよう、エデンの園から追い出した。

善悪を知るものとなった。

神はケルビム?回る炎の剣?で命の木を守らせた

4章から、人々は主の名を呼び始め、関係を持つようになった。