毎月がラッキー

once upon a time there was a storia.

コトラー

 

フィリップ・コトラー

マーケティングの目標達成における管理方法を生み出したアメリカの経営者

彼はマーケティングの第一人者として、様々な研究と理論の提唱をしている。

マーケティング戦略の重要なフレームワークであるSTP分析もコトラーが提唱した概念です。

そんな「近代マーケティングの父」、「マーケティングの神様」 とも言われているコトラーの名言を幾つか紹介します。

 

マーケティングは1日あれば学べる。だが、使いこなすには一生かかる。

 

・根本的な問題は好況時に無駄な贅肉をたっぷりつけてしまうことだ。

 

・企業にはアイデアが溢れています。ところが、それを捉える網が用意されていません。

・中途半端は落とし穴である。全ての戦略を遂行できるほど資金に余裕はない。

・顧客や社員を満足させられないくらいなら、事業を閉じたほうがマシというものだ。

イノベーションは選ばれしものたちの仕事ではない。

・つまらない製品を手っ取り早く抹殺するには広告を打つに限る。

・週数の優れたアイデアを得るにはたくさんお尖ったアイデアを生み出す必要がある。

イノベーションにはリスクがつきものだが、イノベーションを行わないことは破滅に繋がる。

革命を起こし、人類の進化を導いた人には共通しているこの停滞を寄せ付けない邁進。コトラーの目にも同じものが写っていたのでしょう。

・ブランドの強さの源はプロモーションではなく、ブランドそのものの成果にある。

・ブランドの中には物語を連想させるものがある。

ブランドは独自の世界観を唄うことだと思います。企業だけでなく、アーティストや、様々な人がこの概念の持ち主。

・経営トップが自社の価値観、ビジョン、ターゲット顧客を明確にするまで、採用活動を行うべきではない。