毎月がラッキー

once upon a time there was a storia.

ウォーレンバフェットに学ぶ

「お金に関して感情的になってしまっている人は自分が何をやっていいのかわからぬまま市場の上げ下げに振り回されてしまう。」

 

 

ウォーレン・バフェット氏は世界で最も裕福な人間の1人だ。その純資産は840億ドル(約8兆8000億円)を超える。

・良い人間関係を築くこと。

・自己資産の9割、(話だと99%)は寄付に使う

 

 

ハイテク技術をよく知っている

子供たちの企画にハイテク機能が増えた数年前と比べても増えている。

すべての人が起業家になるわけではないが、誰もが金融の教養を持つべき。金融教養の欠如は、人生に影響し、

自分や家族が問題を抱えてしまう。

金融リテラシーは読み書き同様

早い段階で身につけるべき基本要件。

子供時代に養った金融の習慣は大人になっても続く。

この習慣を家族から学べない子供も多い。

金融の素地が身につけば、起業家がますます登場してくるだろう。

子供たちはいろんな興味がある。

その起業家精神に火をつけるのは親や先生。

そこで正しい教訓を学べば成功し、成功が次の成功を生む。

 

 

「私は雪の塊を」

10年遅れたら今の位置にいない。

若い人にゲームを先に進めることを進めている。

「20代でどのようにお金を使うのか。」

 

金融リテラシーとは

消費、投資、

 

未来へ投資すること。